インドネシアにおけるフィンテックの成長を監督する

By Freddy Karyadi、Anastasia Irawati, ABNR Counsellors
0
396

2016年のインドネシアのデジタル革命の最初のスパーク以来、金融技術部門の台頭は新しいレベルに達しました。

インドネシアの金融技術(fintech フィンテック)の範囲は、取引決済、資金調達、投資管理、資金調達と流通保険、市場支援、株式クラウドファンディング、その他のデジタル金融サポーター及びサービス活動など、幅広い金融サービスをそなえています。

しかし、インドネシアのフィンテックの主要なホットシートの1つは、ピアツーピア(P2P)融資会社のビジネスです。OJK(インドネシアの金融サービス機関)は、今年の初めに99のフィンテック融資会社に許可を与え、この数は年間を通じて増加すると予想されています。

規制の枠組み

Freddy Karyadi
パートナー
ABNR Counsellors
at Law in Jakarta
Tel: +62 81 910103949
Email: fkaryadi@abnrlaw.com

インドネシアには、フィンテック産業の主要な規制機関、OJK(インドネシア金融サービス庁)とインドネシア中央銀行(BI)によって規制されている幾つかの規制があります。

OJK規制。 フィンテックサービスの新時代を切り開いたOJKによる最初の規制の1つは、情報技術に基ずく、金融融資サービスに関する規制POJK 77です。 この規則は、P2P融資業務の範囲を、その事業活動、登録及び許可手続き、P2P融資提供者とユーザーとの関係、リスク軽減、情報技術システムの保守から、P2P融資の禁止、及び貸手・借手と貸手サービスプロバイダー間の契約における最低要件まで設定しています。

規則を補足するために、OJKは、情報及び技術ベースの金融融資サービスにおける情報技術リスクのガバナンスおよび管理に関する回報SEOJK 18を発行しました。 SEOJK 18は、P2P企業のガバナンスと、P2P企業のシステムに関するセキュリティ対策を含むリスクの軽減に関するより技術的な側面を規制しています。

フィンテック部門の絶え間ない革新の結果として、POJK 77又はその他の規制でまだカバーされていないフィンテックビジネスモデルがいくつかあります。 この問題に対処するために、OJKは、金融サービス部門におけるデジタル金融改革に関する規則POJK 13を発行しました。 POJK 13は、概念的な規制サンドボックス、つまり、OJKの監督下で、特別な免除、手当、又はその他の期間限定の例外の下で動作する、制御された環境でフィンテックの新興企業によって行われるイノベーションのテストを可能にするメカニズムを導入しています。

Anastasia Irawati
アソシエイト
ABNR Counsellors
at Law in Jakarta
Tel: +62 21 250 5125
Email: airawati@abnrlaw.com

インドネシア銀行。 BIは、インドネシアでのフィンテック事業の導入を規制する上でも重要な役割を果たします。 BIは、フィンテックの実施に関連する次のようないくつかの規制を発行しています。(1)電子マネーに関するインドネシア銀行規則第20号。 (2)金融技術機構に関するインドネシア銀行規則第19号。 (3)支払い取引処理業務に関するインドネシア銀行規則18。

規制No. 20では、電子マネーの発行と使用の範囲を設定しています。これは、インドネシアのほとんどのフィンテック企業によって提供される基本的な機能です。 電子マネーは、電子マネー供給者に事前に預けられたお金の価値に基づいて発行される支払い手段であり、その価値はサーバー又はチップベースの保存メディアに電子的に保存されます。

そして、電子マネーの価値は 現在の銀行法に基づく銀行貯蓄とは見なされません。

実際の導入と特定の義務とコンプライアンスに加えて、この規制は、電子取引における支払手段としての電子マネーの使用に関して、銀行、電子マネー供給者、ユーザー、及び支払い取引オペレーター間の相関関係を設定します。

規制No. 19は、BI管轄下での特定のフィンテック企業の実施を規定しています。 インドネシアのフィンテック企業のBIへの強制的な登録と、決済サービス供給者などのフィンテック業界の特定のプレーヤーに対する特定のコンプライアンスを施しています。 この規制は、規制サンドボックスの概念も使用し、インドネシアのフィンテック企業の監視と監督を実施しています。

最後に、規制No. 18は、支払いゲートウェイ供給者、電子財布供給者、スイッチング供給者、決済及び清算機構、デジタル資金振替供給者などの支払いサービス供給者によって提供される電子決済施設と手順を規制しています。 この規則は、取引前段階、承認、清算、決済、及び取引後から支払い取引処理の各段階に指導を与えます。

新たに規制されたセクター

技術関連サービスの急増と起業家によるフィンテックビジネスの変化により、規制当局は最近、これらのビジネスチャンスに適応するための新しい規制を発行しました。

マルチファイナンス会社。マルチファイナンス会社(MFCs)はしばらくの間規制されており、MFCsに関する規制も市場でのビジネス開発に適応するために何度か修正されています。最新の更新は、金融会社の事業活動の組織に関する規則POJK No. 35です。以前の規制と比較したこの規制の違いのいくつかは、MFCが以下を行う可能性に関連しています。(1)情報技術を使用してビジネスを運営する。 (2)現金ローンの延長。

これらは以前の規制では規制されていませんでした。 P2Pビジネスは起業家にオフバランスシートの資金調達を行う機会を提供するだけなので、この機会はP2Pビジネスの開花の

ため、オンバランスシートの資金調達をする企業の関心に対応するために開かれたと考えられています。

現金貸出自体は次のように分類されます。(1)消費者の現金ローン。 (2)労働資本の現金ローン。 POJK 35に規定されているいくつかの要件を遵守した場合にのみ、借手に広げることが出来ます。

株式クラウドファンディング。 インドネシアで新たに規制された別のフィンテック事業は、株式クラウドファンディング、すなわち公募によるクラウドファンディングサービスであり、これは公募による情報技術ベースのクラウドファンディングサービスに関する規制POJK No. 37で規制されています。株式クラウドファンディングは、開かれた電子システムネットワークを通じて投資家に直接株式を販売するために、発行者により実施される株式提供サービスの実行です。

同じ基本原則の一部を共有しているにもかかわらず、株式クラウドファンディングは、インドネシア証券取引所を通じて行われている従来の公募とは異なります。 株式クラウドファンディングは通常、関連する発行者による個人投資家への少量の株式又は非株式持分証券の提供を伴います。

さらに、POJK No. 37では、株式クラウドファンディングによる株式の公開は、OJKによって許可された機構を介して行われた場合にのみ行うことができると規定されており、株式の公募は最大12ヶ月以内に行われ、 株式の公募を通じて集められた総資金は、100億ルピア(710,000米ドル)以下です。 発行者は公開会社であってはならず、したがって、300超えに相当する総株主数を持たず、300億ルピアを超える払込資本を所有することはできません。 ネガティブリストの問題、源泉徴収税のメカニズム、及びMOLHRへの報告に関連する株式クラウドファンディングの実施に関する実践は、まだ明確ではありません。

暗号通貨。現在インドネシアのデジタルビジネス業界を形成しているもう1つの重要な技術は、暗号通貨を暗号資産として使用する傾向の高まりです。

暗号通貨は依然としてBI規制の下では不正な支払い手段と見なされていますが、インドネシアの暗号通貨は最終的に政府によって投資目的に使用できるデジタル資産として認められており、インドネシア先物取引所で取引できる商品であると判断されています。

このデジタルビジネスは、商品先物取引規制庁(BAPPEBTI)暗号資産の先物取引の実施に関する一般政策に関する2018年通商大臣の規制No. 99で規制されています。 それは

先物取引所における暗号資産の物理的市場の実施に関する技術条項に関する2019年No. 5により詳細に実施されています。

インドネシアは、東南アジア最大の経済大国であるため、投資家を惹きつける力があります。 フィンテックの人気が絶え間なく上昇することにより、金融保護サービスなどの新しいフィンテック関連のビジネスモデルが誕生する可能性があります。

インドネシアでは新しいイノベーションが絶えず出現しているため、インドネシア市場での新しいフィンテック事業活動に備えて、新しいOJK規制が発行されることが予想されます。 インドネシア政府は消費者とフィンテックユーザーを保護するという大きな責任も負っています。

著者は、この記事の寄稿にご協力いただいたBhirawa J Arifiに感謝します。