インフラストラクチャセクターにおけるPPP課題の解決策

By Amit Ronald Charan、Rashi Arora, HSA Advocates
0
323

ンドは、過去15年間のPPPプロジェクトの数の増大のおかげで、潜在的に官民パートナーシップ(PPP)最大のグローバル市場になる可能性があります。インフラストラクチャプロジェクトへの民間の参加を呼び込むよう設計された政策措置は、十分な成功を収めていません。インフラストラクチャギャップは、ほぼ全てのセクターに存在し、持続的な成長にとって深刻な脅威となっています。 PPPモデルは、道路、港、発電などの分野で成功を収めていますが、鉄道、民間航空、社会部門ではまだうまく行っていません。 さらに、PPPの地理的分布は一様ではなく、マディヤプラデシュ州、アンドラプラデシュ州、マハラシュトラなどが他の州より先行しています。アジア開発銀行は、インドのインフラ不足を克服するために、2030年までに4兆3,600億米ドルの費用がかかると推定しています。

PPP
Amit Ronald Charan
パートナー
HSA Advocates

要因の組み合わせが、最近のPPPプロジェクトの減速につながった可能性があります。これらは、世界経済の減速、規制の弱さ、金融機関制度、不十分なディリジェンス、貸手の審査、クリアランスの問題における遅れ、資金調達の問題、不適切なリスク配分、コンセッション契約(MCA)をモデル化するための画一的なアプローチ、開発者による攻撃的入札、契約上の問題、不適切な紛争解決メカニズム及び環境問題、が含まれます。

国内の貸手が保有する不良資産(NPA)の数の増加、およびインフラストラクチャリースと金融サービスの危機により、資金調達の選択肢が制限されています。国際的な信用および金融市場がまだオプションの中、質の高いスポンサーと資産はほとんど残っていません。世界的な景気減速と信用危機により、さまざまな事業活動における商品とサービスの需要が減速しています。これはインフラ部門に大きな影響を与え、PPPプロジェクトにも影響を与えています。

PPPを活性化するために直ちに行動を必要とする重要な分野には、貸出金融機関の強化、それらは、インドインフラストラクチャファイナンスカンパニー、インフラストラクチャ債務基金、国際金融公社(IFC)、3Pインドの設立(PPPを支援するのに役立つ50億ポンド(7000万米ドル)を伴う答申中の政府機関)、および市場の課題に対応するための採算補填(VGF)スキームの改革、を含みます。

PPP
Rashi Arora
アソシエイト
HSA Advocates

その他のステップには、保険、年金および積立基金会社からの長期債務へのアクセスの提供、債券市場の拡大、政府保証による信用補完措置の使用、既存の債務の借り換え、銀行の不良資産の再編、銀行などのグループエクスポージャーに関する現在の制限の見直し、を含みます。インフラ部門の資本流入を捕捉するための革新的な手段とメカニズムを通じて、外国投資が強化されるべきです。外国の機関投資家を含む長期投資家は、完成し成功したインフラストラクチャプロジェクトの持ち分を提供されるべきです。各セクターは、収益源と利用可能な資金の量を特定するための長期投資および資金調達計画を準備する必要があります。これらは、必要な資金量の増加と、利用可能な資金源を通じて提供できる資金量の増加との間のギャップを明らかにします。

ケルカー委員会​​報告書で勧告されたように、紛争をより迅速に解決するために、インフラストラクチャPPP裁定裁判所を設立する必要があります。独立した規制当局は、現在規制のないセクターに設置されるべきであり、既存の規制当局の役割と責任は合理化されるべきです。各セクターのMCAは、ユーザー、プロジェクト提案者、譲受人、貸手、および市場を含むすべての利害関係者の利益を代表することを確かにするようレビューされなければなりません。

政府は、1988年の腐敗防止法を改正するよう勧告するケルカー委員会に従い、現在は意思決定における真の誤りを腐敗行為と区別しないために、官僚に対する魔女狩りが起きることを回避することができます。

PPPは、インフラストラクチャプロジェクトをより速く、且つより良く提供する可能性があります。インドでのPPPの15年の経験に基づいて、契約上のあらゆる段階で明らかになっているパフォーマンスの欠陥を修正する必要があります。安定したマクロ経済フレームワーク、健全な規制構造、効果的な規制、投資家に優しい政策、持続可能なプロジェクト収益、政策の透明性と一貫性、労働法の自由化、カスタマイズされたMCA、環境に優しいモデル、優れたコーポレートガバナンス、がインドのPPPモデルの成功の基本要件です。

Amit Ronald Charanはパートナー、Rashi AroraはHSA Advocatesのアソシエイトです。

railway

HSA Advocates
81/1, Adchini
Sri Aurobindo Marg
New Delhi – 110 017, India

Tel: +91 11 6638 7000 Fax: +91 11 6638 7099
Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg
Ballard Estate
Mumbai – 400 001, India
電話: +91 22 4340 0400 ファックス: +91 22 4340 0444
電子メール: mail@hsalegal.com
ウェブサイト: www.hsalegal.com