シンガポール条約は新しい時代を告げる

0
65
Singapore convention
www.singaporeconvention.org

裁の専門家は、2019年8月7日のシンガポール条約の署名を歓迎しました。只、備考として、ヨーロッパ諸国の不在を指摘し、上流の仲裁場所の守り手の変更を指摘しました。

シンガポールのHFWパートナー、ポール・アストンは、最初の署名国、ヨーロッパ諸国がいないことはやや驚くべきことだと語りました 。

Singapore convention
ポール・アストンは

「その理由は、EUがシンガポール条約をブロックとして批准できるか、あるいは各加盟国が個別に批准すべきかについて、明確でないためと報告されています」とアストンは述べています。「英国は歴史的に非常に調停的な管轄ですが、その裁判所は、当事者間の和解合意を支持し、当事者間で結ばれた和解合意を調停の有る無しに関わらず強制します。そのため英国が非批准しても何の違いもありそうにありません。しかし,その上で「英国の非批准と、アジア太平洋地域の国々(54国の初期署名国のうち28国を占める)の熱意は、世界の選ばれた国際的な商業紛争解決センターとしてのロンドンの支配がますますシフトしていることを明らかにしています。

46カ国からの代表団は、2019年8月7日に、シンガポール条約として知られる、調停に起因する国際和解合意に関する国連条約に署名しました。

その中で、世界の二大経済大国である米国と中国及びアジアの経済大国、インド、韓国、シンガポールは新しい国際条約に著名しました、それは著名国間で調停和解合意を強制することを可能にするでしょう。

新しい条約は、裁判所に持ち込むのではなく、執行のため統一された枠組みを通じて国境を越えた紛争を解決します。条約を批准する州からの商業当事者は、紛争を解決する手段として、調停をより容易に検討しなければなりません。

シンガポールのシモンズ&シモンズのパートナー、モハメド・レザは、この条約が採択されるまでは、調停を通じて国際紛争を解決するある歴史的な障壁は、国境を越えて強制できる枠組みの欠如でしたとアジアビジネス法律ジャーナルに語りました。

「この条約は、加盟国当事者が、任意の署名州の裁判所で直接、調停和解合意を執行することを可能にする」とRezaは述べました。

Singapore convention
モハメド・レザは

しかし、彼は、条約下のグローバルな執行枠組みの中で、署名管轄の裁判所が調停和解合意の執行を拒否する根拠があることを述べました。「調停された和解合意の執行に抵抗しようとする当事者は、基準に関して「重大な違反」など、調停者や調停に通常適用される特定の条項が定義されていないため、救済を拒否する根拠(条約第5条)を広く解釈しようとする可能性があるとRezaは述べました。

彼は、執行を求める当事者が条約下で、拒絶の根拠を考慮する際に、適用されるべき基準に関する議論に直面し、執行を長引かさせられるかもしれないと述べました。調停された和解合意の執行可能性が高まっているにもかかわらず、異議申し立て当事者が条件下で拒否の為、いくつかの理由に頼り、執行を阻止するために追加の議論を持ち出し、執行を実施しようとする当事者が執行段階でいくつかの課題と困難に直面する可能性があります。

署名式には、70カ国から約700人の政府指導者、企業幹部、法律実務家、学者が出席しましたRezaは、一帯一路(BRI)のような大規模な国境を越えたプロジェクトの台頭に伴い、調停と新しい条約は、紛争をより迅速かつ効果的に解決し、紛争を少なくし、当事者にとって効果的であると実証できるであろうと述べました。

“紛争の効率的な解決により、商業紛争が、二国間関係に影響与えず、BRIプロジェクトの進展を遅らせたりしない可能性が高くなる“とRezaは述べました。

アストンは “仲裁と国内裁判所に挑戦する裁判所システムによって、そこに戦いがあると述べています。シンガポールやイングランドなどの一部の国内裁判所制度は素晴らしく、英国商業裁判所(英国高等裁判所の一部門)とシンガポール国際商業裁判所(シンガポール高等裁判所の一部門)は、彼らの評価、又は裁判上のフェアな公平性と卓越性を高めることだけを求めています。

“彼らの緊急事は、商業的紛争解決をより迅速かつ円滑にし、且つ、安価にすることです。それは彼らが伝統的な国際仲裁にエッジを持つことができ、特に大規模な建設仲裁領域では、「金のガチョウを調理しすぎた」と言えるでしょう。

署名式に伴い、シンガポールと国連は、シンガポールのUNCITRALアカデミーの組織に協力する覚書を締結しました。

コンベンションを記念するもう一つのイベントは、シンガポールコンベンションウィーク中に8月8日に行われたマックスウェル・チェンバースの拡張であるマックスウェル・チェンバース・スイーツのグランドオープンでした。2010年に設立されたマックスウェル・チェンバースは、代替紛争解決に特化した世界初の統合センターです。