タイのビーコン

By Troy Schooneman、Mayuree Sapsutthiporn, Kudun&Partners
0
452

イでの大きなチャンスを狙う中国人投資家は、まず外国所有権制限とタイの合弁パートナーとの取引に骨を折るべきです2013年、中国の習近平国家主席は、おそらく世界でこれまでで最も野心的な対外インフラ開発および投資スキームである、一帯一路(BRI)を発表しました。

シルクロードとして知られる東西を結ぶ交易路の象徴的なネットワークの現代の復活として支持者に称賛されたBRIは、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中東、アメリカの150カ国以上で宏大で活発なインフラ開発プロジェクトをすでに生み出しています。

Thailand
Troy Schooneman
パートナーで国際プラクティスグループのヘッドであり
バンコクのKudun&Partners
T : +66 85 600 6060
E: troy.s@kap.co.th

タイは遂に2019年3月に待望の総選挙により、長年の政治的不安定の束縛から解放されたようです。タイ政府によって発表された一連の新しい経済プログラムは、外国人投資コミュニティー、特に中国の投資家の目、には国の地位を強化するのにも役立っています恐らく、これらの成長イニシアチブで最も話題になっているのは「タイ4.0」です。これは、タイを重点的に、農業から、革新、先進技術及び創造性に基づく価値に基づいた経済へと転換するための20年にわたる野心的な戦略です。

13,000平方キロメートルをカバーするタイ4.0の王冠の宝石は、タイの東海岸に位置する東部経済回廊(EEC)プロジェクトです。これは、インドシナおよびその後方への戦略的インフラストラクチャおよび輸送ゲートウェイとして機能します。 Rolls Royce、Airbus、SAAB、Alibaba、および中国の他の多くの有名企業を含む数十のグローバル企業は、EECプロジェクトへの投資をすでにコミットしています。

もう一つの助けは2019年7月末に、ムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングズの両方がタイの見通しを安定からポジティブに引き上げたことです。

Thailand
Mayuree Sapsutthiporn
中国のプラクティスヘッドです
バンコクのKudun&Partners
T: +66 2 838 1750 (ext.1803)
M: +66 88 002 7449
E: mayuree.s@kap.co.th

これは同国の大規模で多様な経済、その強力な公的及び外部財政、及び透明で予測可能な財政と金融の政策の実績によります。

これらの関連のない外部イベントと野心的な経済成長戦略の合流は、中国と米国との貿易緊張の高まりと共に、中国企業によるタイへの熱狂的な新規投資に火をつけました。一部の専門家は、中国が2023年までにタイへの最大の外国投資源として日本を追い抜く可能性があると考えています。

この有望なニュースにもかかわらず、中国の投資家はタイでの特定の事業活動への参加が制限され、場合によっては禁止される可能性があることに注意する必要があります。

恐らくタイの外国人投資家への積極的なプッシュの結果として、多くの中国の投資家は、基本的かつ極めて重要な質問に答えるために専門家のアドバイスを求めることになります。つまり:タイで行うビジネスへの外国投資は制限されているか。そうなら、そのような制限に免除があるかどうかです。

事業活動又は産業への外国からの参加が制限または禁止の対象となるかどうかは、1999年外国事業法(FBA)の規定を参照して決定されます。 FBAの下では、「外国人」という用語は、外国の個人、外国の会社、または外国の個人及び/又は外国の会社が株式の過半数を所有するタイで設立された会社を指します。 FBAは3つの個別のスケジュールを設定し、各スケジュールは外国からの参加が禁止または制限されているビジネス活動をリストに挙げています。

FBAのスケジュール1には、外国からの参加が, 例外なく、厳しく禁止されている事業活動が含まれます。骨董品又は歴史価値のある物;ニュースメディア(新聞、放送、テレビ)、土地取引、林業および木材加工と農業です。

FBAのスケジュール2には、国家の安全又は保障に関連する、又は芸術、文化、地元の伝統、習慣や民俗、手工芸品、天然資源又は環境に影響を与えるビジネス活動が含まれています。これらは、商務省からの外国企業免許を所有し、タイ内閣の承認を得た外国人によってのみ実施されます。

FBAのスケジュール3は、特定の事業において事業開発局の局長から外国事業免許を取得していない限り、特定事業における外国人の大半の所有権を制限します。スケジュール3には、会計サービス、エンジニアリングサービス、建設サービス(特定の例外を含む)、建築サービス、仲介又は代理店サービス(特定の例外を含む)、飲食料品の販売、広告サービス、及び「その他のサービス事業」が含まれます。

FBAに加えて、外国の所有権制限は、タイの法律の他の重要な部分に適用されます。たとえば、タイの土地法は一般に、外国人がタイで土地を所有することを禁止しています。

銀行法では、外国人はタイ銀行または財務省の承認なしに、タイの銀行または金融機関の25%以上を所有することを禁じられています。 その他の法律は、保険、海運、通信業界における外国人の所有を制限しています。

中国の投資家が投資決定を下す前に調査しなければならない外国所有権制限に関する多くの重要な例外があります。 それら免除の利用可能性、又はさもないと、投資取引を成功又は失敗させることになります。

特に、多くのタイ投資委員会の促進スキームの一つに基づいて、投資が外国所有権の制限から免除される場合、大幅な税金と税金免除のインセンティブが、特定期間の法人所得税ゼロ、輸入関税の免除、 土地を所有する権利を含んで、可能でしょう。

タイの法律は、タイ人と外国人の間の真の合弁事業を禁止していません。 但し、外国投資家が、外国株主に過半数の決議権を付与する二層の株式保有構造により外国株主によるコントロールを可能とする株式保有構造、それはFBAの目的の「タイ」(タイ人による51%所有)、をつくることでFBAに規定された外国所有権の制限を回避しようと試みると問題が発生します。

この「名義人による株式保有構造」では、タイの株主は通常実際の株主ではなく、外国人の所有制限を回避する目的でのみ使用される外国人株主の「名義人」です。

名義人による株式保有構造はFBAによって厳密に禁止されていますが、それでもかなり一般的です。なぜ一部の外国企業が喜んでそれらを利用するのかはある理由があります。

先ず、彼らはよく知らないことが多く、タイで一般的に使用されている標準的な合法的な株式保有構造であるとアドバイスされています。

第二に、名義人による株式保有構造に関連するタイ当局による訴追は一般的ではなく、実際に起こった場合、政治的動機と見なされる可能性があります。従って、一部の外国のクライアントは、名義人による株式保有構造がFBAの違反を構成しているとしても、タイ当局の注意を引くことはほとんどない違反であり、罰金、懲役、 及び・又は休業で済まされると見なします。

著者は、中国の投資家が名義人による株式保有構造の使用を控えることを強く推奨します。代わりに、投資家は先ず、自分の投資プロジェクトが外国人所有制限の免除の対象となるかどうかを判断する必要があります。その場合はタイの株主の参加は必要ありません。

但し、免除が利用できない場合、又はタイのパートナーを持つことが有利である場合、中国の投資家はタイのパートナーがジョイントベンチャーアレンジメント(JVA)の下で義務を遂行するのに足る能力と経験を持っているかを徹底的に調査することが重要です。

中国の投資家にとって、タイのパートナーとのどのような取引においても十分な契約上の保護がなされるよう確実にすることも大変重要です。多くの著名な中国の投資家は、適切に設計され、且つ法的強制力のあるJVAで利益を十分に保護できず、火傷を負っています。

中国の投資家が合弁会社の株式の50%未満を保有している場合、株主及び取締役会レベルの両方で、業務上および管理デッドロックに対処するための実行可能なメカニズムを考案すると共に、少数株主保護規定をJVAに起草する必要があります。

紛争の解決に関しては、仲裁がコストと時間を考慮して選択された紛争解決メカニズムになるでしょう。タイの裁判所に付託された紛争は費用がかかり、結論を出すまでに数年かかる場合があります。

タイ4.0イニシアチブを通じて中国の投資家を王国に呼び込むタイ政府の努力が成功したことは疑いの余地がありません。 2019年上半期、中国企業は242.8億バーツ(791百万米ドル)に相当する81の投資プロジェクトを申請しました。

これらの統計と素晴らしい投資機会に真っ先に飛び込みたいという抑えがたい衝動にもかかわらず、中国投資家は適切なデューデリジェンスを実行し、タイへの投資を進める前にタイの外国人所有制限及び他の関連投資法を慎重に検討する必要があります

Troy SchoonemanはバンコクのKudun&Partnersのパートナーで国際プラクティスグループのヘッドであり、Mayuree Sapsutthipornは中国のプラクティスヘッドです。

Thailand

KUDUN & PARTNERS
23rd Floor, Units C and F, Gaysorn Tower
127 Ratchadamri Road, Lumpini, Pathumwan
Bangkok, 10330, Thailand
www.kap.co.th