取引を成功させる:タイのM&Aの展望

By Troy Schooneman, Kudun&Partners
0
469

東南アジア諸国は、数十億ドル規模のインフラプロジェクトがM&Aを促進すると予想していますが、外国人の所有権制限には注意が必要です

イは、近年特徴ある経済と規制の発展軌跡を進んでいます。10月には、世界銀行のビジネスのしやすさ指標で前年比で素晴らしい6段階の飛躍を果たし、190か国中27位から21位に上昇しました。

このインデックスは、課税から免許そして財産権から支払不能までのさまざまな要因で判断されます。タイの場合、それは現在進行中の規制改革、投資家の信頼の高まり、地域政治の変化に対する政府の積極的な対応、タイ経済の既存の参加者または将来の参加者の機会最大化の確かな証です。

Thailand
Troy Schooneman
バンコクのKudun&Partnersのパートナーであり
国際プラクティスグループの責任者である 電話:+66 85600 6060
メール:troy.s@kap.co.th

経済成長と投資環境の両方の改善に沿って、インバウンドとアウトバウンドの両方のM&A活動が着実に増加しています。タイのビジネスリーダーはM&Aを継続的な成長のための重要なツールと見なすのに十分に自信がある一方で、外国企業はタイでの機会を積極的に模索する可能性が高まっています。

過去1年間に多くの重要な取引がありました。最も注目すべきものには、TMB銀行とThanachart銀行(TBank)の合併が含まれます。この銀行の価値は1560億バーツ(51億4,000万米ドル)で、タイの銀行業界で最大の規模です。それに PTT Exploration and Production Public Company Limited(PTTEP)によるシェルからのBongkot ガスプロジェクトの235億バーツの買収があります。

経済成長の推進役としてM&A活動を強化したいのは、東南アジアでタイだけではありません。世界銀行によると、現在、タイはビジネスを行うのに東南アジアで5番目に簡単であり、インデックスでは競合他国の日本、マレーシア、台湾に囲まれています。これらの国・地域は全て、世界で3番目と2番目にランクされている香港とシンガポールには後塵を拝しています。

タイは、M&A活動の増加という世界的な傾向に乗り、経済発展を刺激する良い仕事をしていますが、その歩みを継続し、長期的成長を最大化することを妨げる規制上のハードルがまだあります。

成功への道

タイでの取引活動は好調ですが、主に国際的および地域的な流れに大きく沿っています。

2018年、世界のM&A市場は、取引額が100億米ドルを超える「メガディール」が38%増加したため、3.6兆米ドルから4.1兆米ドルに16%成長しました。同様に、タイの取引件数と平均取引額の両方も、過去数年で継続的に増加しています。これは、タイがより多くの取引を引き寄せるだけでなく、より多くのお金を使うより大きなプレーヤーを引き寄せることを示しています。

平均取引額は2015年から2017年の間に21%増加して48.2百万米ドルになり、同期間で4億米ドルを超える取引は5.5%増加しましたが、今年のM&Aの数は23倍になると予想されています。この取引の増加から最も利益を得ているセクターは、不動産、工業製品、およびエネルギーであり、再生可能および再生不可能の両方です。

この世界的な傾向との一貫性は、タイも2020年に予想されるM&A活動のわずかな減少を反映することを意味しています。今年、100億米ドル前後でピークに達した後、タイの取引は2020年代初期から中期にかけて再び上昇する前にわずかに低下し、来年に予想される世界的なM&A活動の25%の減少に追随します。

今後、タイのM&A活動の次の10年間の増加は、さまざまな内的および外的要因、タイの投資委員会(BOI)による積極的な計画と貿易関係における戦略的ジャグリング行為の組み合わせによって支えられます。

タイ4.0

過去数十年間、タイの経済発展は安定していましたが、これは偶然ではありませんでした。これは、3つの非常に野心的な国家戦略が連続して展開された結果であり、それぞれが特定の産業を対象としています。

2018年から導入されている、タイ4.0は、現在、この開発の4番目の段階にあります。対象の10の「Sカーブ」産業で新たな取引機会を創出し、国を高所得、ハイテク、高度に発展した経済に転換するように設計されています。

  • 生化学およびバイオ燃料
  • デジタル経済
  • 医療ハブ
  • 自動化とロボティクス
  • 航空および物流
  • 農業およびバイオテクノロジー
  • スマートエレクトロニクス
  • 豊かな医療とウェルネス観光
  • 次世代の自動車
  • 未来の食糧

米中貿易戦争

米国と中国の間で進行中の貿易戦争は、世界市場を不安定にし、アジア太平洋地域全体の不確実性を増しています。しかし、それはまた、より小さな経済に機会も作っています。

ドナルド・トランプ米大統領は、米国企業にサプライチェーンを中国から移転するようにほぼ命じており、タイは最大の受益者の1つになっています、米国外の投資家は買収の次の段階により安定した環境を求めているからです。

全体として、中国からタイに多くの金が振り向けられ、長期的な貿易関係が深まり、高付加価値M&Aの可能性が高まります。

タイの取引の増加を促進しているのは、外的要因だけではありません。タイは、国内および国境を越えたM&Aが重要な役割を果たす、2つの数十億ドルのインフラプロジェクトの震源地にあります。

1つ目は、おそらく歴史上最大のインフラ開発である中国の一帯一路構想(BRI)です。BRIルートに沿った場所は、貿易戦争にもかかわらず中国に向ったであろう投資を吸収することに留まらず、タイも中国からのM&A活動の受益者となることを意味します。

2つ目は、東部経済回廊(EEC)開発計画です。これは、タイの東海岸に沿った450億米ドルのインフラストラクチャプロジェクトであり、タイ4.0の対象産業への投資をさらに高めることを目指しています。

外国所有権制限

タイで事業を行う外国企業にとって最大の障壁の1つは、タイでの広範な事業活動の実施に制限を課す外国事業法(FBA)に基づく外国所有権の制限です。

FBAのスケジュール1には、骨董品またはその他の歴史的価値のある対象物、ニュースメディア、土地取引、林業および木材加工、および農業の取引など、外国からの参入を厳しく禁止する事業活動が含まれます。

スケジュール2は、国家の安全保障に関連する事業活動を含み、または芸術、文化、地域の伝統、習慣や民俗、手工芸品、天然資源または環境に影響を与える物を含みます。これらは商務省からの事業許可を収得し、タイ内閣の承認を得た外国人のみが実施できます。

スケジュール3は、事業開発局の局長から外国事業免許を習得していない限り、ある特定事業における外国の過半数の所有権を制限しています。スケジュール3には、会計サービス、エンジニアリングサービス、建設サービス(例外あり)、建築サービス、仲介または代理店サービス(例外あり)、飲食物の販売、広告サービス、および「その他のサービス事業」と呼ばれるキャッチオールカテゴリが含まれます。

内閣は、FBAを潜在的に思いとどませる認識を示しており、今年初旬レビュー後、3つのカテゴリーの関連会社に提供されるサービスに関し、スケジュール3の外国事業規制を緩和しています。

これらは:

  • 関連会社および子会社への融資の提供。
  • 公共サービスを含む関連会社および子会社へのオフィススペースのリース。 そして
  • 関連会社および子会社への管理、マーケティング、人事、および情報技術に関する相談サービスの提供。

FBAに加えて、外国所有権の制限は、タイの法律の他の重要な部分にも見られます。タイの土地法では、一般的に外国人がタイで土地を所有することを禁止しています。銀行法では、外国人はタイ銀行または財務省の承認なしに、銀行または金融機関の25%以上を所有することを禁じています。他の法律は、保険、海運、通信における外国人の所有権を制限しています。

また、外国人投資家が投資決定を下す前に調査すべき外国所有権制限に関する多くの重要な免除項目もあります。これらの免除の利用可能性またはその他は、投資取引を成功または失敗させる可能性があります。特に、投資が多くのBOI促進スキームの1つで外国所有権の制限から免除される場合、実質的な税及び非課税のインセンティブが投資プロジェクトに利用できる場合があります。それらは特定の期間の法人所得税ゼロ、輸入関税の免除、および土地を所有する権利を含んでいます。

展望

タイは、野心、革新、継続的で安定した成長を特徴とする経済です。 この成長は、おそらく最もエキサイティングな段階に入り、国内および国境を越えたM&Aの両方に十分な投資機会があることを示しています。

しかし、外国人所有権の制限は、引き続き国際的事業のビジネスを容易にするための大きな障害となっています。タイがその潜在的可能性を最大限に享受するには、外国のビジネス規制のより厳密なレビューが必要です。

ビジネスを行う能力が制限される可能性がある取引活動に投資家は不本意であることは理解できますが、多くの投資家はタイのこの機会が挑戦に値すると見ています。正しい法律上の助言があれば、外国企業は、事業目標を達成する方法を、複雑な外国所有権の制限を回避してできるはずです。

Thailand

KUDUN & PARTNERS
23rd Floor, Units C and F, Gaysorn Tower
127 Ratchadamri Road, Lumpini, Pathumwan
Bangkok, 10330, Thailand
www.kap.co.th