取締役の支払不能および関連する留意点

By Shivaji Bhattacharya、Prateek Sharma, S&R Associates
0
276

政難にある企業の取締役は、2016年の、改訂、倒産および破産法に基づいて会社が倒産に陥った場合、その行為が厳密に精査される可能性があることに留意する必要があります。裁判所は、会社を復活させるためのすべての措置が講じられない限り、清算命令の決定は債権者の最善の利益にならない可能性があり、継続企業の価値は債権者への返済額を増やす結果となります。したがって、取締役は、会社が継続企業として存続することを確実にするあらゆる措置を講じるべきです。この点で、取締役は、彼らは誠意を持って作られているという前提で彼らの行動を擁護できるべきです。ただし、債権者が会社から債務を返済という合理的な見込みのない場合、裁判所は、事業を遂行しようとする努力は債権者を欺こうとする試みであると推測できます。

insolvency
Shivaji Bhattacharya
パートナー
S&R Associates

取締役の義務を成文化する改訂、2013年会社法第166条は、会社の主要なリスク負担者としての債権者に対する潜在的または実際の破産が発生した場合の義務を特別に認めていません。さらに、裁判所は、このコードは、債権者による回復のための単なる法律ではなく、企業の債務者を自立させることを目的とした有益な法律であると判断しています。 ただし、このコードには、過小評価、優先、法外、詐欺、または不当な取引の可能性がある取引に関する保護条項が含まれています。そのような取引を許可した取締役の行為が疑わしい場合、ある状況では、そのような取締役は個人的な責任を負う可能性があります。破産後、そのような取引は、破産処理の専門家または清算人により申請時に無効と宣言される場合があります。したがって、取締役は次のことを確認する必要があります。(i)資産の譲渡または譲渡された財産は適切に評価され、どの債権者も優先されない。 (ii)信用取引の条件には、法外な支払いは含まない。 (iii)会社は、詐欺または不正な取引と見なされる可能性のある取引を一切行わない。

コード第66(2)条に従い、取締役は次の場合に会社の資産への寄与を命じられることがあります。(i)企業の破産処理プロセスの開始を回避する合理的な見通しがないことを知っていたか、知っていたはずである。 (ii)会社の債権者に対する潜在的な損失を最小限に抑えるためにデューデリジェンスを行使しなかった。この規定は、債権者への損失を最小限にする義務を意味し、合理的に予想されるようなデューデリジェンスを実施するよう取締役に要求します。したがって、新しい負債は慎重に精査する必要があり、会社は、どのように支払われるかが明確になるまで、それらの発生を防ぐ必要があります。

insolvency
Prateek Sharma
アソシエイト
S&R Associates

破産の可能性のある会社の指名取締役は、特に重要な立場にあります。彼らは、任命者の利益と、会社、株主、その他の利害関係者(債権者を含む)の最善の利益のために行動するという受託者の義務の利益相反に直面する可能性があります。指名取締役は、株主および債権者の集団的利益と矛盾しない限り、任命者の利益を合理的に考慮し会社の成功を促進する可能性があります。多くの場合、これは非常に困難な仕事です。
さらに、取締役は次のことを期待されています。i)定期的な議論への参加を含む、取締役会およびその委員会の会議で会社の業績を積極的に監視する。 (ii)最新の財務情報を適時に評価する。 (iii)融資契約における財務またはその他の契約の遵守を監視および確認する。 (iv)最適な期間内にフォローアップレポートを要求する。 (v)他の取締役会メンバーに懸念や危惧を伝える。 (vi)利益相反を回避し、回避できない場合は速やかに開示する。 (vii)独立した判断を採用する。

取締役会は、必要に応じて、職務と決定に関して財政的および法的助言を求めるべきです。すべての助言と決定は文書化する必要があります。取締役会の正確かつ最新の議事録は、取締役会が正しく行動し、債権者への潜在的な損失を最小限に抑えようとしたことを立証するのに役立ちます。 未解決の懸念や問題は、取締役会の議事録に適切に記録する必要があります。これは取締役の観点からも重要で、彼は支払不能の清算を回避する合理的な見込みがないと結論したが、他の取締役を説得することができず、したがって、取締役からの辞任を希望する場合、そのような取締役の辞任は裁判所から責任の放棄とは見なされません。ただし、そのような辞任は、取締役の任期中の行為または不作為に関し、取締役の責任を免除するものではありません。

Shivaji Bhattacharyaはパートナーであり、Prateek Sharmaはニューデリーとムンバイに事務所のある法律事務所S&R Associatesのアソシエイトです。

auditors

S&R Associates
64, Okhla Industrial Estate Phase III
New Delhi – 110 020, India

電話 : +91 11 4069 8000
One Indiabulls Centre, 1403 Tower 2 B
841 Senapati Bapat Marg, Lower Parel
Mumbai – 400 013, India

電話 : +91 22 4302 8000
著者の電子メール:
sbhattacharya@snrlaw.in | psharma@snrlaw.in