合併に関するベトナム新競争法の影響

By Diep Hoang、Trang Nguyen, Dilinh Legal
0
159

2018年6月12日、ベトナム国民議会は、法律23号(2018年競争法)の可決を通じて、主要な競争法を更新し、2004年以来の現行法を置き換えました。2018年競争法は2019年7月1日より施行されました。更なる検討の後、本年度中に法令案は実施に移される予定です。この記事の目的は、合併、買収、統合、合弁事業を含む「経済集中」活動に関する新しい法律の影響を精査することです。

域外適用

2018年の競争法は、ベトナム国内で競争再教育に影響する、ベトナム国外で発生する反競争的慣行に適用され、法律は「外国の関係機関、組織、及び個人」に適用範囲を拡大しています。従って、ベトナムに影響を与える域外経済集中に関係する外国企業は、2018年の競争法の対象となります。

旧競争法の解釈に基づいて、長年にわたってベトナム競争庁(VCA)によって実際に適用されて来たため、この地域外適用はまったく新しいものではありません。この問題に関する曖昧性が取り除かれた為、VCAは国内市場に影響を与える域外経済集中に関する管轄権をより明確にし、より積極的になると期待されます。

Vietnam
Diep Hoang
ホーチミン市のDilinh Legalのパートナー
電話: +84 28 7300 0864
電子メール: [email protected]

合併通知

2018年の競争法は、売上高、資産、取引価値に基づいて、合併通知の引き金となる経済集中に3つの新しいタイプの定量的措置を追加しました。以前の法律では、「関連市場」で30%以上の市場占有率をもたらす経済集中のみが合併通知の対象となり、50%以上の経済集中は禁止されていました。

2018年の競争法では、関連当局は、合併通知の引き金となる経済集中に置いて定量的措置の新タイプのしきい値を示すことを定めています。2018年競争法(法令案)の施行を詳細に説明し、実施する政府の政令下で、以下のしきい値が通知を必要とします。

  • いずれかの当事者のベトナムでの総売上高は、1兆ドン(4,400万米ドル)を超えている。
  • ベトナムにおけるいずれかの当事者の総資産価値は5,000億ドンを超えている。
  • 経済集中の取引額が5,000億ドンを超えている。又は
  • 関連市場の当事者の複合市場占有率が30%以上

現在までに、法令案はまだ法律になっていないため、上記の基準は法律に移行する前に修正される可能性があります。

禁止された経済集中

Vietnam
Trang Nguyen
ホーチミン市のDilinh Legalのアソシエイト
電話: +84 28 7300 0864
電子メール: [email protected]

2018年競争法の下では、禁止された経済集中の査定は、「関連市場」の「複合市場占有率」のみに基づくことはなくなりました。代わりに、「ベトナム市場に実質的な反競争的効果を引き起こす、又は引き起こす可能性がある場合、経済集中は禁止されます」。

複合市場占有率は現在、経済集中が競争に与える影響を評価する際に考慮すべき要因の1つに過ぎません。

新しい要素は次のとおりです。

  • 経済集中の前後の関連市場への集中の程度;
  • 特定の種類の製品又はサービスの生産、供給、流通のチェーンにおける経済集中を行っている企業間の関係。
  • 経済集中によって引き起こされる関連市場における競争上の優位性。
  • 経済集中後の企業の価格又は売上利益を大幅に増加させる能力。
  • 経済集中後の市場参入又は拡大から他の企業を排除又は防止する能力。
  • 関連する他の特定要因

禁止された経済集中に関する新しいテストとそれに対応する新要因の主観的性格は、集中が安全領域に明確に適合しない限り、競争許可審査は過去よりもはるかに困難になります。

安全領域と許可

2018年競争法は、経済集中に関する一段階審査プロセスを、30日間の初期的審査を含み、必要に応じて90日間の正式審査を経る2段階審査プロセスに変更しました。複雑なケースでは、正式審査を60日間延長できます。法令案では、次の場合に経済集中が許可されます。

(1)当事者の複合市場占有率が20%未満。又は(2)合併後の事業体が、関連市場の85%以上を占める5つの事業体グループに分類されない場合。又、2018年競争法では、完全な拒否の代わりに、経済集中に参加する企業の資本又は資産の一部の分割又は売却を条件として許可を与えるなど、経済集中に条件付き許可を与えることができます。

合併申請に関するヒント

関連する市場の決定

法律の変更にもかかわらず、「関連市場」の決定は、合併管理分析の重要な部分であり続けるでしょう。一般に、ベトナム競争法における関連市場の決定は、需要と供給の代替可能性の評価に基づいている他国で一般的な原則とも一致しています。

2つの製品/サービスは、「特性、使用目的、および価格」の観点から代替可能な場合にのみ、相互に代替可能であると見なされます。これらの基準のうち2つを相互に置き換えることができない場合、2つの製品は2つの異なる関連市場にあることを意味します。

「関連市場」を決定するためのVCAのアプローチは、できる限り狭く定義します。例として、石膏ボード製品の場合のVCAの最近の裁定を取り上げます。

そこでは、関連市場は「石膏ボード」だけでなく、「標準石膏ボード」市場、耐火性石膏ボード市場、及び「耐湿性石膏ボード市場」に分けられます。関連する市場の決定は、非伝統的なビジネスモデルにとってより困難になります。

たとえば、eコマースプラットフォームの特定の製品の小売販売市場は、小売市場全体の代替になる可能性は低く、又 Airbnbタイプのビジネスモデルに基づく不動産賃貸は、完全な賃貸市場の代替品となり、又 その車送迎プラットフォームは、従来のタクシーサービスの代わりになるでしょう。

市場占有率の決定

合併の当事者は通常、独自の市場占有率データを持っています。但し、通常、当事者は、市場占有率レポートを作るために、独立した信頼できるリソースからのデータを使用する必要があります。

従って、当事者は独立したコンサルタントを雇って、独立した市場占有率データを作成又は調達し、市場占有率レポートを作成する必要があります。

外国文書の合法化。

VCAは、関係書類提出の妥当性について保守的な見方をしています。通知提出のタイムリーな準備のために、ベトナムでのM&A取引に関与する域外企業は、VCAへの提出前に外国政府機関によって作成された文書の合法化に取り組む必要があります。

合併に関する法律の影響

2018年競争法は、域外への範囲拡張、義務的通知の根拠の拡大、及び禁止された経済集中を構成するものに関する多面的な主観的テストにより、自発的な合併通知及びVCAからの非公式意見の要求が増加する結果を招きます。

2017年と2018年に、VCAは合計8つの合併通知を受け取りました。ベトナム経済の規模を考えると、VCAは通常それよりもはるかに多くの合併通知を受け取っていたはずです。

ベトナムの合併規則へのコンプライアンスが低い主な理由の1つは、旧競争法の下での「市場占有率」と「関連市場」の柔軟な概念です。もう1つの理由は、VCAが合併規則の施行の欠陥を認識していることです。

著者には状況が変わったように思われますので、合併弁護士は注意する必要があります。

Diep Hoangはホーチミン市のDilinh Legalのパートナーであり、Trang Nguyenはアソシエイトです。

vietnam

Dilinh Legal
3/F Broadway C,
150 Nguyen Luong Bang Street
Tan Phu Ward, District 7
Ho Chi Minh City, Vietnam
電話:+84 28 7300 0864
電子メール:[email protected]
www.dilinh.com