鉄道のためのPPPモデル – 実行可能な将来の選択肢となるか?

By Geeta Saha、Mrinal Vashishtha、Shivam Jatadhari, HSA Advocates
0
83

道省が所管する国有のインド鉄道は、何十年にもわたりインドの大量公共交通機関網の基幹であり続けています。インドの鉄道網は世界最大規模であり、増大し続ける全国的な都市化により、政府による鉄道部門の近代化は必要不可欠となっています。このことより、民間および公共部門の会社、銀行および金融機関に、より多くの投資の分野が開かれました。

鉄道
Geeta Saha
パートナー
HSA Advocates

財務大臣、ニルマラ・シタラマン氏は、彼女の初となる2019年予算演説で、車両製造や貨物の配送を含む鉄道のより迅速な発展を実現するために官民パートナーシップモデル(PPP)が用いられると発表しました。

2014年に政府は、鉄道に対する6,540億ルピー(91億米ドル)という過去最高額の歳出計画を提示しました。政府はまた、ムンバイ・アーメダバード間の高速鉄道の導入を提案し、連続する予算で、歳出を1.2兆ルピーに増額、車内サービス付きの超高速列車を導入しました。政府はまた、インドの駅舎の再開発に権限を有する主要機関であるインド駅舎再開発公社(IRSDC)を設立しました。アダッシュ駅スキーム(ASS)に基づいて、インド鉄道は1,253駅を特定し、そのうち1,103駅をすでに再開発しています。

2019年度予算において、政府は、300億ルピーを超える予算を、鉄道旅客の快適な設備のために配分しました。旅行の質を向上させるため、および世界水準のサービスを提供するために、政府は、トレイン18やバンデバラト列車などの近代的な列車を建造することを決定しており、近い将来、109のそのような列車が、シャタブディーおよびラージダーニー急行列車に代わって運行を開始することを目指しています。

鉄道
Mrinal Vashishtha
アソシエイト
HSA Advocates

インド鉄道のさらなる開発に巨額の投資が必要となることを踏まえ、2019年度予算は、6,580億ルピーの予算配分で、線路の迅速な開発および完成、車両の製造、そして旅客貨物サービスの提供のために、PPPモデルを利用することを提示しました。政府はまた、今後10年間の50兆ルピー近い投資の構想を計画しました。

鉄道開発のためのPPPモデルを構築するプロセスにおいて、インド鉄道は、ラクナウやニューデリーなどの選定された路線で、列車を運行する民間事業者を選定することも計画しています。現政府が行っている懸命な努力のために、インド鉄道が鉄道インフラの民営化の方向に向かっていることは誰の目にも明らかです。これを達成するために、大手インフラ提供企業は、金融機関や銀行とPPPを実施する計画を提案することができ、この機会を利用して、利益になりかつ確実なプロジェクトを引き受けることによりインド鉄道の開発を行うことができます。

アジア開発銀行はすでに、インドの鉄道軌道の電化のために7.5億米ドルを提供する契約書に署名しています。さらに、アジア開発銀行は、ムンバイメトロ鉄道プロジェクトに9.26億米ドルの融資を行うことを決定しました(国全体では657kmのメトロ鉄道網が運営されています)。しかし、インド鉄道への資金供給の大半は、1986年に設立されたインド鉄道金融公社(IRFC)によって行われています。IRFCは、インド準備銀行によりシステム上重要な非預金受入型ノンバンク金融会社として登録されています。IRFCの2017年までの資金供給は、1.8兆ルピーを超えています。IRFCは、Rail Vikas Nigam Limited、Railtel、Konkan Railway Corporation Limited、Pipavav Railway Corporation Limitedなど、鉄道部門のさまざまな事業体に融資を行っています。

鉄道
Shivam Jatadhari
アソシエイト
HSA Advocates

意外なことに、民間の銀行および金融機関は、インドの鉄道インフラの直接的な資金供給に興味を示してきませんでした。銀行および金融機関は、鉄道インフラを開発するためのPPPモデルを通して政府と契約を締結する可能性がある民間組織に、融資を行うことができます。

政府が鉄道部門にPPPモデルを導入することを計画していることから、どのモデルを政府が採用するかを確かめることは、それがジョイントベンチャーモデル、BOT(建築・移転・運営)モデル、顧客のモデル、給付金モデルのいずれであろうと、興味深いことです。

結論を言えば、銀行および金融機関は、拡大を続ける鉄道インフラへの直接的な資金供給を増大させる努力を行うべきです。そのような努力をサポートするために、政府は、新規鉄道プロジェクトへの資金供給に銀行が一役買うよう促す目的で、銀行に対する規制上の支援策を創設し提供することをねらいとする方針を策定すべきです。

Geeta Sahaは、HSA Advocatesのパートナーであり、Mrinal VashishthaとShivam Jatadhariはアソシエイトです。

鉄道

HSA Advocates
81/1, Adchini
Sri Aurobindo Marg
New Delhi – 110 017, India
Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg
Ballard Estate
Mumbai – 400 001, India

Mumbai – 400 001, India

連絡先
電話: +91 11 6638 7000 ファックス: +91 11 6638 7099
電話: +91 22 4340 0400 ファックス: +91 22 4340 0444
電子メール: [email protected]
ウェブサイト: www.hsalegal.com