電気自動車:持続可能な環境に向かって運転する

By Dipti Lavya Swain、Ketaki Dandiya, HSA Advocates
0
306

動車メーカーのメルセデス・ベンツはディワリの期間に600台を販売したようですが、自動車部門全体としては低水準にあり、政府はGDPの7.2%を占める分野の大規模な雇用創出を支援せざるを得ません。

環境への懸念により、2011年に電気自動車(EV)を推進するために、重工業省(DHI)によって電気モビリティの国家ミッションが立ち上げられました。その後、DHIは2013年に国家電気モビリティ ミッションプラン 2020(NEMMP)を発表しました。この計画では、2015年に旗艦制度であるFAME India(Faster Adoption and Manufacture of Hybrid and EVs、ハイブリッドおよび電気自動車の早期の採用と製造)が開始されました。売上はわずか280,995でしたが、2020年までにインドで1500万台のEVを目標とするためには、より多くの資源が必要です。

environment
Dipti Lavya Swain
パートナー
HSA Advocates

FAME IIは2019年3月に開始され、FAME Indiaが4年間で1億2,650万米ドル相当であったのに対し、次の3年間では14億1千万米ドル相当と大幅な支出額となります。12億7000万米ドルに相当する金額は、EVの販売と投資を増やすための需要インセンティブとして留保されます。政府のシンクタンクNITI Aayogは、2030年までに自家用車の30%、商用車の70%、バスの40%、二輪車と三輪車の80%がEVになると考えています。2019年8月までに、DHIはFAME IIのもと、対象となる7,000台の内、5,595台の電気バスをすでに許可しました。

EVの国内製造。電池パックはEVの中核を形成します。2019年3月、DHIはEVがFAME IIに基づく需要インセンティブを受けるための技術適格基準を定めました。EVにはリチウムイオン(li-ion)電池を搭載する必要があります。2018年9月まで、FAMEの受益者の90%は鉛蓄電池を搭載した電子スクーターでした。したがって、EVがリチウムイオン電池で駆動されるまでは、FAME IIの下ではわずかな利点のはずでした。AME IIはLi-ion電池単独の製造を奨励していませんが、政府は2019年12月に9.9百万米ドル相当の補助金計画を設け、現地電池製造社への入札を誘致することで、旗艦となるインド製イニシアチブを推進しています。

environment
Ketaki Dandiya
アソシエイト
HSA Advocates

大きな課題は、国内にリチウム鉱山がないことです。リチウムイオン電池は輸入する必要があるため、国内製造を妨げています。市場での適切な電池の供給を確保するため、2019年4月にDHIは電池セルおよび関連する熱と電池管理システムの輸入は許可しましたが、電池パックは現地での組み立てを求めました。政府の段階的製造プログラムは、EVの国内製造を後押しすることを目指しており、2019年3月にDHIは、リチウムイオン電池とバッテリーパックの個別輸入に5%の基本関税を課しました。これはさらに、2021年にリチウムイオンセルと電池パックそれぞれ10%と15%に引き上げられます。これは、インドに投資し、インドで製造する良い機会を提供します。中国の産業大手であるBYDは、リチウムイオン電池やEVなどの製造に既に1億5,000万米ドルを投資しています。インド石油株式会社は、非リチウムイオン電池を製造するために1ギガワットの工場を建設する計画があります。

使用済みリチウムイオン電池のリサイクルは、2030年までに約10億米ドルの価値があると推定されるもう1つの大きな市場で、今後10年間で収益性の高い投資を提供するでしょう。

充電インフラ。強力なEV計画は、充電ステーションに依存します。当然、電力省は2019年10月に充電インフラガイドラインを改訂し、投資を容易にするために、公共充電ステーションのインフラ技術の選択を残しています。2019年2月、政府は住宅および事務所での充電を許可するために、モデルビル細則を修正しました。FAME IIの下で、充電インフラストラクチャを提供するためのインセンティブの提案が行われています。強制ではありませんが、DHIは、充電ステーションをグリッド接続された太陽光発電所に接続することを開発業者に推奨しています。FAME IIでカバーされていない、交換可能な電池は、充電ステーションの開発に伴うコストを考慮すると実行可能な選択肢です。Sun Mobility、Ola、Smart-E、Mitsui Japan、DMRCなどの企業は、交換可能な電池充電ステーションを構築中です。

政策立案。9つの州が特定のEV政策を発表し、市場の改善を示唆しています。政府の措置、EVの物品税およびサービス税率を12%から5%に引き下げ、セクション80 EEBを1961年の所得税法に挿入し、EVローンの利子に対して2,000米ドル相当の税額控除を認め、 2019-20年度の民間EV第三者賠償責任保険の保険料率を15%割引する、そのような措置はEVの販売と投資家の関心を高めます。クリーンな環境とEVに対する投資家の前向きな関心が相まって、市場は明らかに拡大するでしょう。

Dipti Lavya Swainはパートナー、Ketaki DandiyaはHSA Advocatesのアソシエイトです。

railway

HSA Advocates
81/1, Adchini
Sri Aurobindo Marg
New Delhi – 110 017, India

Tel: +91 11 6638 7000 Fax: +91 11 6638 7099
Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg
Ballard Estate
Mumbai – 400 001, India
電話: +91 22 4340 0400 ファックス: +91 22 4340 0444
電子メール: mail@hsalegal.com
ウェブサイト: www.hsalegal.com