介入の事例?

By Su Tiang Joo、Su Tiang Joo
0
228

最近のマレーシア連邦裁判所の判決は、仲裁制度内に置かれている非介入主義政策を骨抜きにしたのでしょうか?

訴裁判所の判決を覆すにあたり、マレーシア連邦裁判所は、Jaya Sudhir Jayaram 対Nautical Supreme & Ors において、Keet Gerald Francis Noel John対 Mahdi Noor & Orssのテストが、仲裁契約の当事者により進行中の仲裁手続に第三者が停止命令を申請する際に最適なテストと認めました。

これにより、第三者による手続きによって遅らせられた裁判行動が開始され、現在進行中の仲裁手続きの継続が差し止められました。この決定は、マレーシアの仲裁部門全体に衝撃を与えています。なぜなら、最大の支援と最小の干渉という非介入主義の方針が、1956年の仲裁法の改正と整合し、 UNCITRALモデル法に基づき、Press Metal Sarawak 対 Etiqa Takafulの連邦裁判所によって承認された、2005年の仲裁法(AA 2005)に打撃を与えたように見えるからです。

事実

控訴の当事者は、Nautical Supreme(NSSB)、Azimuth Marine(AMSB)、Nautilus Tug&Towage(NTT)に対するJaya Sudhir Jayaram(Sudhir)でした。この記事の論争点として、Jaya Sudhirの際立った事実は、NTT、NSSB、およびAMSBの間に仲裁契約を含む、株主の合意があったことです。

federal court
Su Tiang Joo
マラヤ(Malaya)の高等法院の法廷弁護士および弁護士(Cheah Teh&Suのシニアパートナー)
電話: +603 6203 6918
メール: Su@ctslawyers.com.my

株主は法人機関であるNTTの持分の20%を保有するNSSBと80%を保有するAMSBでした。株主間の合意には、他の株主の書面による同意なしに、その株主による第三者への譲渡を制限する条項がありました。

ただし、AMSBは、NTTの株式の10%を、仲裁契約では第三者で部外者のSudhirに譲渡しました。これにより、NSSBは株主間契約の違反を主張し、NTTのAMSBの残りのすべての株式を購入する権利を得ました。NSSBはAA 2005に従ってAMSBおよびNTTに対する仲裁手続きを開始しました。

Sudhirはこれに気ずき、最初は傍観者のままで満足していました。しかし、約10か月後、仲裁手続きが審理の2日目に入ったとき、Sudhirは高等裁判所から反仲裁の差し止め命令を取り付けました。差し止め命令は控訴裁判所によって取り消されましたが、連邦裁判所によって回復されました。

連邦裁判所の決定理由、裁判所でのSudhirの主張、とりわけ契約違反を引き起こす不法行為に対するNSSBの彼への主張により、手続が差し止められた仲裁手続きにおける、NSSBとAMSBの互いの主張と反訴によって、裁判に移行しました。

したがって、Sudhirが提起した審理手続のすべての問題が法廷で判決できるわけでないことは明らかです。最終的には手続は打ち切られました。 NSSBによって開始された調停手続きは先んじて、後に提起されたSudhirの主張とともに、その通知はSudhirに渡されました。

Keet Geraldのテストは救済か?

反仲裁の差止命令の結果は、仲裁に先立って裁判に訴えている彼の主張とともに、審判手続において第三者に最終的な救済を提供することです。その決定に至って、連邦裁判所は、暫定的な反差止命令の一般的なテストであり、マレーシアでは最終的な救済を提供しない、Keet Gerald テストを採用しました。

そうすることで、連邦裁判所は、Sudhirの求めによる最終的な救済を認めることにより仲裁合意の当事者が仲裁することを抑制するKeet Geraldのテストを採用して、この立場から離脱しました。それでSudhirの裁判所への申し立てが審理され、仲裁は留まりました。

遅延は致命的だった

Jaya Sudhirの判決において、連邦裁判所は、Sudhirにより、反差止命令の申請により過度に遅れが起きたとの控訴裁判所の認定を覆しました。控訴裁判所は、仲裁手続の審理が開始されてから、Sudhirは10ヶ月の間認識していた事実を保持しました。それは仲裁手続きの審理が開始される二か月前、反仲裁差止命令の申請を提出する以前です。 –それは彼の申請にとって致命的でした。控訴裁判所の調査結果は、一般に差止命令の適用、特に他の司法管轄区での仲裁差止命令に対しては、致命的である遅延に関するマレーシアの事例と一致しています。

したがって、NSSBは仲裁手続を進めたいと考えており、手続を止めることはないと主張したにもかかわらずです、連邦裁判所が、Sudhirの仲裁差止命令の遅滞申請は、和解の交渉を望み、「彼がとる必要のある、合理的な決定を下すためにある程度の時間を要する」という言い訳を受け入れたことはむしろ異常でした。

これにより、申請者はどの行動をとるべきかが不明であり、そして/また、当事者は手続を止めるべきでないと明確にしているにもかかわらず、和解を交渉する意図に依存したいという根拠に基づいて遅延を弁解する厄介な前例が設定されます。

立法政策と意図

連邦裁判所は、AA 2005全体の背後にある立法上の意図を考慮する代わりに、Jaya Sudhirの判決に関し2005の8項および10項を独立した条項として解釈し、その純粋な文字通りの解釈を与えました1948年と1967年の解釈法の17A項は、法律の規定の解釈において、法律の根底にある目的または目標を促進する構造は、そうでない構造よりも常に優先されるべきであると規定しています。

これは、Press Metalにおいて連邦裁判所がとったアプローチであり、AA 2005の根底にある非介入主義の政策を奨励し、支持していました。Jaya Sudhirに関する連邦裁判所の満場一致の決定は、Press Metalのコーラムの一部を形成した2人の学習裁判官から成るコーラムによって交付され、そのうちの1人はPress Metalで非介入主義の政策を支持して、交付していました。

実際、1974年の通り、排水及び建築法の70A項の解釈において、これらの2人の学習裁判官のうち少なくとも1人を含む連邦裁判所は、Jaya Sudhirのわずか3か月半後の判決で 、言語は明確で明白であるが、裁判所は「議会の意図と法令の性質」を決定するために、ラベル自体よりも多くを調べなければならないと判断しました。

すべての敬意を払っても、Jaya Sudhirで連邦裁判所は、現在のAA 2005の根底にある立法政策、およびPress Metalで承認された非介入主義政策から逸脱しました。

AA 2005以前の事例

判決に至っては、Jaya Sudhirの連邦裁判所は、Bina Jati対Sum-Projects(兄弟)およびChase Perdana対Pekeliling Triangle&Anorの事例をよりどころとしていました。全ての敬意を払っても、これらのケースはすべてAA 2005より以前に決定されていたため、そのような信頼は不適切です。UNCITRALモデル法の仲裁法を前提とする他の法域の判例当局は、主に、訴訟の不一致および多様性は反仲裁差止命令を与える根拠ではないと判断しました。

Jarvis テストに従うことを拒否

連邦裁判所のKeet Geraldテストの採用は、J Jarvis&Sons 対 Blue Circle Dartford Estatesで定められたテストを犠牲にしました。

Jarvisでは、「差止命令が仲裁の原告に不法を引き起こさず、仲裁の継続が抑圧的、苛酷、無慈悲、またはプロセスの乱用」(Jarvisテスト)である場合、反仲裁差止を付与する裁判所の権限を行使できると判断しました。

また、Jarvisでは、仲裁に対する差止命令を与える裁量は、保留中の仲裁、および法律の目的と原則を十分に考慮して、控えめに行使しなければならないことが判決されました。

控訴裁判所のJarvis テストへの依存を批判するにあたり、連邦裁判所は、仲裁契約の当事者であるJarvisとは違い、Sudhirは仲裁契約の第三者であると論じました。

ただし、連邦裁判所の理由は、(Bina Jatiの)申請者は仲裁契約の当事者で、Bina Jatiの権限に依存しているため、不当です。重要なのは、Bina Jatiが信頼されていれば、申請者が仲裁契約の当事者であるかないかは違いにはならないことです。

Jaya Sudhirの控訴裁判所は、反仲裁の差し止め命令の申請者が仲裁合意の第三者であったとしても、Jarvisでより高い閾値のテストを適用することにおいて正しいと結論付けました。

結論

Jaya Sudhirにおける連邦裁判所の判決の効果は、UNCITRALモデル法に基づいた2005年AAの立法意図に影響を与えるという以前の立場から外れたことであり、この離脱は[裁判所による]最大限のサポートと最小限の干渉の政策という、非介入主義者を骨抜きにしました。これは再考されなければなりません。

federal court

Cheah Teh & Su
L-3-1, No. 2 Jalan Solaris
Solaris Mont’ Kiara
50480 Kuala Lumpur
電話: +603 6203 6918
ファックス: +603 6203 6928
メール: litigation@ctslawyers.com.my
www.ctslawyers.com