補完的進歩は研究か模倣か

By DPS Parmar、LexOrbis
0
208

イザック・ニュートンは、賞賛の言葉に答えて、「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それは巨人の肩の上に乗っていたからだ」と書きました。彼は、ほとんどの発見は先人の積み重ねの上に成り立っていることを意味しました。抗生物質、インスリン、抗血液凝固薬などの発展過程の薬は、以前の薬を改善した結果として生まれました。先人の革新により築かれた発明は、本来の発明よりも成功する場合があります。たとえば、Lotus 1-2-3スプレッドシートはVisiCalcと呼ばれるプログラムで出来、MicrosoftはLotusソフトを使ってExcelを創りました。革新は一連の発明に限定されず、多くの場合、先駆的な革新と同時に進歩が達成されます。 補完的な革新は、研究者がさまざまな方法でスピードアップし、一定の時間内に望ましい結果を達成する機会を高めます。補完的革新の最近の例は、多くの異なるアプローチを採用する研究者による商業的に実行可能な音声認識ソリューションに見られます。

infringement
DPS Parmar
特別顧問です
LexOrbis

模倣と革新。模倣は、特許権者の収益獲得の見通しに深刻な脅威をもたらすため、特許法の施行の対象となります。単純な、または若干改造された模造品は、通常、侵害コピーとして取り扱われます。ただし、一連の補完的な革新の世界では、発見の模倣は社会的に望ましい場合があります。後の革新者は、本来の発明者にはなかった貴重なアイデアに行きつくかもしれません。これは通常、発明の商業利用の過程を早めます。単純な模倣品は知的財産権の侵害と見なされ、本来の発明者の利益が減少する場合は制裁の対象となりますが、将来の利益の見通しを改善する可能性のある後続の革新が自動的に同じように見なされることはできません。一連の設定で生み出される補完的な革新であっても、革新を可能にする何らかの形の保護が必要です。

一連の発明に関する特許。特許が広すぎたり、厳格に執行されすぎたりすると、一連の研究者の意欲を阻害し、改善された製品の参入を遅らせます。一連の補完的な研究を行う企業は、自社の特許について相互ライセンス契約を結ぶことでこれを阻止します。これは、彼らが使用した先駆的製品による侵害訴訟をあきらめさせるでしょう。一連のまたは補完的な発明の特許を取得することは何の障壁もありません。統合は技術進歩の基礎です。

競争の障害を越える。すべての技術には固有の長所と短所があります。統合により、競争市場での対立ではなく、協力が可能になります。この概念は、20世紀初頭にアメリカのラジオ会社が設立されたときに用いられ、実施されました。当時急速に発展していたラジオ放送分野の主要人物は、競争力のある特許を侵害するリスクを常に軽減するために手を組みました。ポートフォリオの多くの特許を有する最初のコングロマリットの誕生は、すべての特許保有者が締結した相互ライセンス契約の結果でした。

これらの相互ライセンス契約は、すべての参加企業がお互いの特許を利用できるようにする契約の取り決めでした。これらの合意はまた、当事者が現在および将来の特許の侵害について互いに訴えることを防止しました。これらの合意は一般的になり、特許プールとして知られました。相互ライセンスは、製薬、家庭用電化製品、高度な技術など、個々の企業が所有する特許に大きく依存する業界に深く根ざしています。これらの企業が多数の特許を保有しており、その特許ポートフォリオが毎年急激な率で増加する場合、状況はさらに複雑になります。相互ライセンスにより、当事者は相互の特許アクセスに基づいて、改良された新しい製品を設計および製造するのに必要な自由を享受できます。

展望。技術の使用を許可する場合、相互ライセンスは、そのような技術の先駆者が所有する特許の欠点を修正する道具として機能します。一連のまたは補完的な特許に対するより強力な権利は、先駆者の特許所有者に法的権利を使ってそのような使用を拒否するのではなく、それらを相互ライセンスする事でより大きな経済的刺激を与えます。非侵害の模倣は、費用のかかる訴訟を回避する可能性を広めます。

相互ライセンスは、競合する特許所有者が有する特許の相互使用を許可することにより、競合する特許間の競合を緩和するのに役立ちます。ただし、実際には、特許を補完的または一連のものとして特定することは困難です。研究の初期段階で専門家の助言を得ることは、先駆者の特許の範囲外で活動する自由の限界を特定するのに役立つでしょう。それまでは、巨人の特許の肩に乗って見渡すのは危険な冒険かもしれません。

DPS Parmarは、LexOrbisのIPAB実務グループの特別顧問です。

infringement
LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
Mumbai | Bengaluru
連絡先
电话: +91 11 2371 6565
ファックス: +91 11 2371 6556
電子メール: mail@lexorbis.com
ウェブサイト: www.lexorbis.com