ストレス資産の進化する解決

By Ramya HariharanとDipti Srivastava、HSA Advocates
0
162

行部門は、包括的な破産制度が存在しないことなどによって引き起こされる不良資産(NPA)の増加により、過去数年間で大きなストレスにさらされています。2016年、NPA解決のための包括的な枠組みを提供するために、2016年破産および倒産法が制定されました。2019会計年度までに法律で解決された94例の回復率は、それまでの制度の26.5%に比べて、43%でした。世界銀行によると、法律のおかげで、インドは2020年のビジネスのしやすさランキングで63位に上昇しました。結果は前向きながら、新しい法律への不慣れ、タイムラインのずれ、軽薄な訴訟、インフラの欠如は法律の施行を妨げています。

resolution
Ramya Hariharan
パートナー
HSA Advocates

当初、この法律では、破産処理プロセス(CIRP)の完了期限は270日と規定されていました。2017年、国家会社法控訴裁判所は、JK Jute Mills Company Limited 対 Surendra Trading Companyで、この制限が必須であると判断しました。しかしながら、最高裁は、ArcelorMittal India Private Limited 対 Satish Kumar Gupta&Orsの場合は訴訟にかかった期間を時間制限から除外すべきだと判断しました。この法律下で解決された事例の平均タイムラインは現在324日です。そのため、すべての法的手続きを含め、330日以内にCIRPを強制的に完了するように、2019年8月に法律は修正されました。ただし、2019年11月の裁判所は、「Essar Steel India Limited 対 Satish Kumar Gupta」(Essar事件)の「債権者委員会」において、強制的という言葉を恣意的であるとして取り下げ、例外的な場合にはタイムラインを延長できると判断しました。タイムリーな解決策をとるためには、この裁量権は法廷で慎重に行使されなければなりません。

法律が初期段階のため、いくつかの概念的な問題がまだ進化していますこのため、訴訟および過度の遅延が発生しています。債権者のランキング、計画における金融債権者と運用債権者の差別的取り扱いの合法性、CIRP完了時の請求の状況などの問題は、しばしば課題となっています。

resolution
Dipti Srivastava
アソシエイト
HSA Advocates

これらの問題は現在、保証に基づく債権者の分類、および金融債権者と業務債権者の差別的取り扱いを認めたEssar事件において「最高裁判所」によって明らかにされています。さらに、未決定の請求はCIRPの期限終了後は存続しないことが明らかにされています。法律の解釈における裁判所の役割は、進化を続ける法律の判例をつくるのに役立っています。

ただし、裁判所間での矛盾する判断が解決に影響を与えています。1つの懸念は、CIRP後で以前の管理下で犯された犯罪に対する責任の継続性です。Bhushan Power はJSW Steelが承認された後でも、執行局が過去の犯罪に対して企業債務者(CD)の資産を添付した例があります。この懸念は、過去の犯罪におけるCD責任を免罪する、「破産および倒産法」(改正)条例2019で導入された新しい第32A項により対処される必要があります。

判決の遅れは、インフラの不足によっても引き起こされています。2019年9月の時点で、16の国家会社法法廷は53人のメンバーで、10,860件の訴訟を処理しました。「Swiss Ribbons Private Limited対Anr v Union of India&Ors」の場合、最高裁判所は、上訴裁判所の巡回ベンチを6か月以内に設置するよう指示しました。しかしながら、判決が出されてから1年近くが経過していますが、1つの巡回ベンチも設置されていません。不十分なインフラにより、法律で想定されている14日間ではなく、1年間も事例の承認が遅れています。いくつかのCIRPは、元の促進要因、Essarの訴訟はその1つですが、によって提起された軽薄な訴訟により失速しました。解決するのに600日以上かかりました。CDに関する適切な情報の不足、適切な情報施設、優れた解決専門家も別の課題です。解決の遅れは結果として価値の破壊になり、解決を求める申請者がしりごみをするのを見ることになります。

この法律は、不良資産の解決のための枠組みに革命をもたらしています。ただし、適時の解決は引き続き課題です。12の大企業アカウントのうち、解決されたのは4つだけです。承認された2,542件のケースのうち、1,497件のCIRPが進行中であり、現在の事例を完結するのに約30か月かかり、法定タイムラインを1.5倍以上超えると推定されています。政府は適時な修正を導入して法律を積極的に実施していますが、適時な解決の目的を達成するためには、裁判官、解決専門家、情報施設の数と質を改善するための一致した努力が必要です。

Ramya Hariharanはパートナー、Dipti SrivastavaはHSA Advocatesのアソシエイトです。

railway

HSA Advocates
81/1, Adchini
Sri Aurobindo Marg
New Delhi – 110 017, India

Tel: +91 11 6638 7000 Fax: +91 11 6638 7099
Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg
Ballard Estate
Mumbai – 400 001, India
電話: +91 22 4340 0400 ファックス: +91 22 4340 0444
電子メール: mail@hsalegal.com
ウェブサイト: www.hsalegal.com