JSA、新たなマネージングパートナーを選任

0
246

J Sagar Associates (JSA) は、シニアパートナーのAmit KapurおよびパートナーのVivek Chandyを、2022年3月までのJSAの共同リーダーに選任しました。2人は、退任する共同マネージングパートナー (JMP) のShivpriya NandaおよびDina Wadiaの後を引き継ぎます。「私たちは、退任するJMPおよび執行委員の積極的な支援を受けて、任務の移行に取り組んでいます」とKapurはAsia Business Law Journalに語りました。

Vivek-Chandy-JSA-Sagar-Associate-lawyer-law-firm
Vivek Chandy

「私たちは、研修、雇用、チームのシームレスな協力関係を築くこと、オファリングを増やすこと、および全般的にJSAをより効率的にすることから、JSAの戦略的方針および優先順位を特定しています。」

KapurおよびChandyのほかに、パートナーのAmar Gupta、Amitabh KumarおよびWadiaが、3年間の任期でJSAの執行委員に選任されました。Shivpriya Nandaは、常勤の業務および業務リーダーに戻りました。

執行委員会は、エクイティパートナーによる無記名投票に基づいて決定されました。それから、JMPを決定するための再選挙が行われました。

Chandyは、お互いに協力して業務を行っている異なる業務分野の弁護士に関して、よりシームレスな経験をクライアントに提供するために努力すると述べています。

Amit-Kapur-JSA-Sagar-Associate-lawyer-law-firm
Amit Kapur

「例えば、エネルギー分野においてM&A取引が生じた場合、通常は、経験豊富なM&A弁護士のチームを設置し、バンキングおよびファイナンスの専門家に、エネルギー分野の専門家とともに業務を行わせます」と彼は言いました。

Kapurは、JSAのインフラ業務を主導し、この分野における紛争および取引に重点的に取り組みます。

Chandyは、プライベートエクイティ、M&A、ならびに特に商業不動産、eコマース、情報技術およびヘルスケア部門に焦点を当てた法人商業業務の分野を専門にしています。