M&Aにおける競争法の遵守

By Simran Dhir、Dhruv Agarwal,S&R Associates
0
209

M&A取引には、通常、デューデリジェンス、合併管理の通知、暫定契約の履行、および統合計画策定のためのものを含め、取引完了前の当事者間の情報交換が含まれます。そのような情報交換はすべて、2002年競争法を遵守して行われなければなりません。

Simran-Dhir-S&R-Associates
Simran Dhir
競争法業務責任者
S&R Associates

適用法: 競争法は、取引当事者間における取引完了前の情報共有に、一定の制限を定めます。しかし、これらの制限は、M&A取引の前およびその過程において当事者が関係する事業の価値を評価および維持する必要性とバランスをとる必要があることが、一般に認められています。

まず初めに、 すべての情報交換が禁止されているわけではありません。競合企業(またはその他の形で関係する企業)間の競争上センシティブな情報(CSI)の交換のみが、競争法に抵触します。一般に、CSIは、その開示によって、通常の競争状態に基づく市場行動を特徴づけている競争意識と不確実性が弱まる可能性がある、戦略的な情報です。したがって、センシティブ(例えば、価格、割引、費用、引渡し条件に関係する)、個別的(特定の市場参加者に関係する)、非公開、および最新の(または将来を見越した)情報は、一般にCSIとみなされます。

人事、情報技術、規制などのバックエンド業務に関する情報は、センシティブとみなされる可能性はそれほど高くありません。しかし、そのような情報も、一定の状況においてはCSIを構成する場合があり、交換前にセンシティブに当たるか否かを検討されるべきです。

Dhruv-Agarwal-S&R-Associates
Dhruv Agarwal
アソシエート
S&R Associates

ガンジャンピング: インド競争委員会(CCI)の承認を要する取引は、承認を受けるまでは取引完了に進むことを認められません(待機義務)。CCIは過去に、合併対象企業の業務管理権の取得につながる可能性のある行為や、承認前に独立して競争する意欲を損なう行為につき、当事者に罰則を科しています。

CCIは、合併当事者間のCSIの交換が、承認前における当事者の商業活動の調整につながり、待機義務の違反に当たる可能性があると述べています。ガンジャンピングに対する罰金最高額は、合併当事者の総売上高または資産の1%です。

したがって、CCIの承認受領前における合併当事者間のCSIの交換は、 取引当事者の競争意欲や競争能力を損なわない(すなわち、当事者間の競争を低下させる可能性がない)ようにされるべきです。

反競争的協定: CCIの承認取得後であっても、当事者は、取引完了までは独立事業体として営業し続けなければなりません。取引完了前のCSIの交換は、一定の状況のもとでは反競争的協定に該当し、多額の罰金を科される可能性があります。したがって、CSIの交換は、当事者が、取引完了前に独立競争者としての営業を中止することにつながらないようにすべきです。

保護対策および遵守手続き: 上記の競争法のリスクを緩和するため、およびM&A取引が完了しなかった場合に合併対象企業の競争上の利益を保護するために、CSIの交換を制限する一定の保護対策が実施されるべきです。

CSIを特定し、他方当事者に提供する情報からこれを分離する。

CSIの誤使用を防止する(および誤使用と見られることを避ける)手続きに同意する。

必要最小限のCSIのみを共有し、可能であれば、CSIを統合、匿名化および/または編集する。

CSIを、特定された「クリーンチーム」メンバー(理想的には外部コンサルタントのみだが、どうしても必要であれば、限られた数のクリーン従業員、すなわち、取引または市場対応に関して継続的な直接の職能的責任を有しない者)とのみ共有する。これらのメンバーは、非開示契約に署名すべきである。

CSIの交換について、例えば、アクセス、閲覧に制限を有する仮想または物理データルームを経由するなど、適切なメカニズムを構築する。メカニズムは、外部弁護士による監視が可能とする。

これは、保護対策の例を列挙したものに過ぎず、取引当事者間の関係の性質(例えば、競合企業か、その他の形で関係するか)や、取引の段階によって変わってきます。

要約すると、M&A取引の当事者は、 すべての承認を受領し、取引が完了するまで、平常どおり営業すべきです。取引完了前のCSIの交換は、競争法を遵守すべきであり、このために、保護対策が実施および遵守されるべきです。

Simran Dhirは、ニューデリーとムンバイにオフィスを構える法律事務所、S&R Associatesの競争法業務責任者であり、Dhruv Agarwal はアソシエートです。

S&R-Associates

S&R Associates
64, Okhla Industrial Estate Phase III
New Delhi – 110 020, India
One Indiabulls Centre, 1403 Tower 2 B
841 Senapati Bapat Marg, Lower Parel
Mumbai – 400 013, India
連絡先詳細
ニューデリー: 電話: +91 11 4069 8000
ムンバイ: 電話: +91 22 4302 8000
執筆者電子メール: [email protected] | [email protected]