クック諸島の解決策

By Cook Islands Finance、Alan Taylorによる寄稿
0
151

南太平洋の島国には、委託者が民間の信託会社を設定する便利で柔軟性があり、管理しやすい選択肢があります

資産計画、相続、慈善活動、または信託を設立する多くの理由の一つにより信託を設ける場合、受託者を選択することが、委託者が行う最初の最も重要な決定事項です。信託を立ち上げるには、 委託者の資産の法的所有権を受託者に譲渡する必要があるため、 委託者 は受託者の経験、実体、誠実さ、および専門意識に最大限の信頼を置く必要があります。

cook islands
Alan Taylor
CEO
Cook Islands Finance
T: +682 21175
E: alan.taylor@cookislands.gov.ck

受託者を選択する際に、委託者が使用できる選択肢がいくつかあります。外国の管轄区域では、一般的に専門の法人の受託者が用いられます。この場合、受託者は許可された機関または独立人のいずれかです。しかし、自分の資産の所有権や管理を知らない人に譲渡することが不本意であることや、訪問したことのない国に拠点を置く人々であることから、別の受託者の選択肢がより普及しつつあります。

民間信託会社( PTC )は、 1 家族以上またはその他の関連する信託の法人受託者として役割を果たすことを唯一の目的として設立されています。

PTC の利点

PTC を使用すると 、 次のようなさまざまな利点と利益を得ることができます

安心感。委託者 自身が設立した PTC が所有および管理している信託資産をより安心して使用できるようになります

コントロール。委託者は、自身が選んだPTCにより、投資や分配に関する決定を含む 、信託資産の管理に関する高度な統制を維持することができます。これは PTC の理事になることで、委託者 および自身の家族および顧問により達成できます。

機密保持。PTC では、委託者と自身の家族の機密情報をより良く管理できます。

多様化。PTC は、自身で選択した資産に投資し、保有するという 、より大きな機会を提供します。受託者は、すべての受益者の利益のために信託資産を保存し、多様化する義務があります。したがって、専門的な法人受託者は、その義務に反しないよう、リスクの高い資産,または高い割合で同じ資産を保有することを嫌います。

経費。PTCにより、委託者は受託者手数料やその他の専門的費用を回避することができます。つまり、より大きな信託財団の場合、従価格ベースで請求されることが良くあります。

所有権と管理

PTC の所有権と管理は、仕組み全体の有効性と効率的な運用に不可欠です。この委託者の状況と、自身とその家族にとっての最善は、最終的に所有権と管理上の意思決定を確立することです。

理事。PTC の理事会の構成を決定する際に、委託者が 信託資産を完全に管理していると、仕組みの妥当性とその税務の有効性を損なう可能性があることを認識する必要があります。また、 PTC は受託者であり、信託の受益者として法的義務を負うことにも留意する必要があります。委託者や家族構成員は(法人の専門信託のように)受託者の役割、又はそれらの職務を遂行するために必要な内容に精通していません。これらの職務を怠った場合、理事として個人的責任が発生する可能性があります。

PTC を使用し、 委託者が信託資産に対し統制を過剰に保持していると、仕組みが見せ掛けと見なされる危険性があります。同様に、全ての実質的決定が、 委託者の管轄区域で行われていると見なされると、税務効果が失われる可能性があります。

このような状況を避けるために、PTC の理事は、 専門の法人受託者を含む、家族と専門の顧問で構成されることをお勧めします。

委託者とその家族が信託と資産の管理に経験を持っていることはほとんどありません。したがってPTC 理事会は、 PTCは法人の専門的な受託者に委託し、PTCに管理サービスを提供して、 法令、 規制、 コンプライアンスの義務を確実に満たし、投資、分配、 金融取引、資産移転などの信託活動を適切に文書化することをお勧めします。

所有者。PTC の所有権を決定する際には,委託者はいくつかの選択肢を考慮する必要があります。PTC が所有権を持っていないことが最も好ましく、これにより所有権を委託者から遠ざけ、次の可能性を減少させます。(i)信託財産の所有権を十分に譲渡していない委託者により侵害される構造。 (ii)信託が委託者に課税を課す。

所有権のない PTC を設立するために一般的に用いられる二つの手段は、目的信託と財団です。

目的信託とは、指定された受益者の利益のためではなく、特定の目的のために設立された信託です。PTCのシナリオでは、信託の唯一の目的はPTCの株式を保有することです。財団は創設者によって設立され、理事会と同様に財団評議会によって管理されます。

それは法人ですが、財団には所有権を持つ株主や受益者はいません。特定の活動を実行し、また特定の目的を達成するために財団は設立されます。PTCシナリオでは、その目的はPTCの株式を保有することです。

委託者が、PTCで株式を直接保有すると、これに加えて、全体的な構造とその税効果を損なう可能性があり、前述したように、委託者が死亡した場合、PTC株式は自身の資産の一部となり、PTCの所有権および管理となり、自身が意図したものとは異なり、信託資産の相続につながる可能性があります。

クック諸島 PTC 解決策

クック諸島の法律では、受託会社として事業を営む法人の行為は許可されていることが義務付けられています(2014年受託会社法[TCA]の第12項(3)(a))。ただし、そのような法人がクック諸島の国際会社(IC)であり、国際会社法(1981-82(ICA))に基づいて設立され、3つ以下のクック諸島国際信託(IT)の受託者として機能する場合は– 国際信託法、1984年(ITA)に基づいて設立され–法人は受託会社として事業を行っていないと見なされ、許可は必要はありません(TCA第5項(3)(b))。ICをITの受託者として使用することは、ITの受託者の1つがクック諸島認可の受託会社(LTC)、外国の登録会社、またはICであるというITAの要件を満たしています。

したがって、クック諸島は、ICを使用することで、委託者に便利で柔軟かつ管理しやすいPTC選択肢を提供します。

ICは、LTCをに組み込まれる必要があります。それは、ICAの要求に応じて、登録事務所および会社秘書を提供します。ICの理事は常駐する必要がなく、委託者はPTC理事会の構成員を決定できます。

クック諸島には、ICおよびITの設立と管理の経験を持つ多数のLTCがあり、PTCが法的および規制上の義務、およびPTC理事会が指示するその他の信託活動を満たすのを支援することができます。

PTCの所有権を構築する場合、クック諸島は、目的信託または財団を通じて、PTCの株式を保有する所有者のいない手段を提供できます。クック諸島の法律は、特定の目的がPTCの株式を保有することになる非慈善目的の信託を規定しています。

同様に、2012年財団法に基づいて、株式を保有する目的で財団を設立することもできます。LTCは、受託を目的信託と、財団の評議委員会と管理サービスの両方に提供できます。

委託者がPTC株式を直接保持したい場合、上記の潜在的な危険性にもかかわらず、クック諸島では、委託者の相続計画を支援し、死亡時にPTC株式が自身の資産に分類されないようにする解決策を提供できます。

ICAの第228項Bにより、委託者は、PTCの定款で、死亡時に株式が自動的に譲渡されることを希望する個人又は個人達を指定できるため、遺言検認過程を回避できます。

結論

入念に構成され、専門的に管理されたPTCを通じて、委託者とその家族は、信託とその資産に関する決定に積極的に参加することができます。構造の完全性を維持することができ、委託者の相続と税務計画の目的が達成され、受益者に対する法的義務が解放されます。

現在、クック諸島のPTC解決策は、ICをPTCとして使用し、LTCを使用してPTCに管理サービスを提供し、所有権構造を含みます。しかし、現在議論されている TCA の修正案は、クック諸島の財団および有限責任会社が、 IT3 社以下で PTC として活動できるようにすることです。これは、特にPTCの所有権に関して、興味深い計画機会を提供するでしょう。

Cook-Island-Finance

COOK ISLANDS FINANCE
PO Box 3255, Clarkes Building,
Parekura, Rarotonga,
Cook Islands
電話: +682 21175
www.cookislandsfinance.com