罰金を課すための枠組み改訂

By Sawant SinghおよびAditya Bhargava、Phoenix Legal
0
174

2007年の決済システム法(PSS法)の制定は称賛に値する先見の明のある動きであり、決済システムの規制の枠組みを作っただけでなく、そのような制度の成長を促進するための指針も提供しました。PSS法は「インド準備銀行」(RBI)を規制および監督当局として指定しており、PSS法の第30項および第31項により、RBIはそれぞれ罰則と複合犯罪を課すことができます。

新たな転換として、RBIは2016年10月に、PSS法に基づいて罰金と複合犯罪を課す枠組みを規定する指示も出しました。この制度は、違反を引用し説明を求める手紙の発行、説明は審査されるという明確な表示、説明が不十分な場合の原因通知表示の発行、罰則を執行する前に要求された場合の個人的な聴聞会、などの詳細な処方箋を含む、罰則または罰金を課すために従うべき運用手順に関する非常に有用な指針を提供しました。

PSS Act
Sawant Singh
パートナー
Phoenix Legal

RBIの2020年1月10日の通知状では、「テクノロジーの採用の増加、決済商品の有効性、より多くの非銀行プレーヤーの参入、金融機関離れ、売上高の大幅な急増など」が急速に進展していると指摘し、継続的なコンプライアンスを確保することを目的とした、決済システムの運用者に対する罰金の徴収の変更を紹介しています。

通知状は、導入された主な変更が役に立つように定めています。その中で主な内容は、(a)課される罰金の金額を決定する客観的な方法論とスコアリングマトリックス、(b)原因通知表示を発行すべきかどうかを決定するスコアリングマトリックス、 (c)罰と複合犯罪を課す個別の手順を規定し、(d)罰と複合犯罪を課すために従うべき個別の手順を規定しています。

別の第一は、改訂された枠組みは、PSS法に基づき違反の重要性を判断するために従うべき原則も定めています。

これらには、(a)違反の程度に基づく違反の重症度と、それが孤立、局部的、広くまたは広範囲に及ぶかどうか、(b)そのような違反の頻度、(c)扱われた取引合計値と比較して関連する金額の違反の深刻度、(d)関連する金額と(e)コンプライアンスの不適切さのレベル。罰金を検討する際には、次の要因が考慮されます。利益または不当益の金額、およびこれが数量化可能かどうか。 当局、代理店、財務、またはその他の市場参加者に生じた損失、およびコンプライアンスの遅延またはコンプライアンス違反から生じる金銭的利益。課されたすべての罰金は、罰が課された会計年度の年次報告書の勘定のの注記で、関連事業体によって開示されなければなりません。

PSS Act
Aditya Bhargava
パートナー
Phoenix Legal

改訂された枠組みの詳細の規定には、違反を考慮して罰則を課す指定機関の機構も含まれています。違反が数量化できる場合、支払決済システム(DPSS)局の最高責任者と他の2つの部門の上級委員で構成される上級委員委員会が指定機関になります。数量化できない違反については、委員会は、DPSSを担当する事務局長と、RBIの他の2つの部門の最高責任者で構成されます。特に、改訂された枠組みでは、提示された情報と書類の評価、および個人の聴聞会での提出書に基づいて、「発言命令」を渡すよう指定機関に明確に要求しています。

この枠組みは、当初発行されたときにはそれほど注目されなかったようですが、規制上の思考プロセスの方向性を示しているため、前向きな一歩となっています。この枠組みは、RBIがそのウエブサイトで罰則を課すことを開示することを規定していますが、そのようなすべての手続きの統計が公開されていれば、法律実務家や行政法学者にとっても有用です。これらの統計は、政府の開放性と透明性の利点を示すことが期待されています。全体として、RBIによる自由裁量権の自主的な囲いは、市場参加者に非常求められる快適さを提供し、健全で原則に基づいた環境で適切なリスクを取るように奨励しています。

Sawant SinghとAditya Bhargavaは、フェニックス弁護士事務所(Phoenix Legal)のムンバイ(Mumbai)事務所のパートナーです。アソシエイトのSristi Yadavもこの記事に関与、支援をしています。

benchmark

Phoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020, India
Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020, India
Contact details
电话: +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
ファックス: +91 11 4983 0099 / +91 22 4340 8501
電子メール: delhi@phoenixlegal.in | mumbai@phoenixlegal.in